MENU

【お金をかけずに理想の医療保険を見つける方法】おすすめ保険比較・終身医療保険は必要?

 

「医療保険のおすすめは?」

 

「終身医療保険って必要?」

 

「医療保険の比較方法は?」

 

 

医療保険は保険選びのなかでも、最も難しい保険商品の一つと言われています。

 

医療保険を比較する際には保険料の安さだけでなく、複雑な保障内容や特約などもしっかり調べておく必要があるからです。

 

各保険会社のパンフレットを並べてみると、一見して皆同じような内容に見えるかもしれません。

 

保険会社のセールスレディは、皆似たような説明しかしてくれないかもしれません。

 

医療保険の加入後に「失敗した!」と後悔しないよう、契約前に十分な理解をしておくことが大切です。

 

医療保険への加入を検討中の方に、必ず知っておきたい「医療保険選びのコツ」をご紹介します。

 

まずは医療保険の必要性について考えてみましょう。

 

本当に、医療保険は必要ですか?

結論を先に言うと、医療保険は必ずしも必要ではありません。

 

もし医療保険を何の根拠もなしに勧めるセールスレディ(マン)がいたら、怪しいと疑った方が身のためかもしれません。

 

基本的に、医療保険が「不必要」なのは、以下の条件にすべて当てはまる人です。

 

  1. もしもの時に医療費として全額使える貯蓄額が「150万円〜300万円」ある人
  2. 社会保険(被用者保険・職域保険)に入っている「会社員」の人
  3. 勤務先企業から手厚い「福利厚生」による保障が受けられる人

 

独身で会社勤めをしていて健康保険証があり、万一の医療費に使える貯金が150万円程度あれば、よほどの大病でないかぎり、貯金で医療費を賄えます。

 

既婚で3〜4人家族だったとしても、せいぜい300万円ほどの医療費を蓄えておけば、一般的には問題ないでしょう。

 

医療費として使える十分な貯蓄さえあれば、医療保険に毎月保険料をかけるよりも、その分を貯蓄にまわした方が、メリットが大きいと言えます。

 

逆に言えば、会社員でも貯蓄が少ない人や、自営業・個人事業主・フリーランス等の人は、医療保険を考える必要があります。

 

【医療保険は必要?】会社員は医療面で優遇されている?!

日本には公的な医療保険制度があり、保険制度に加入している健康保険証の保持者であれば、万一の病気やケガでも医療費の支払いに困る心配はそれほど多くありません。

 

その理由は主に、以下3つの制度があるからです。

 

  1. 医療費は3割負担で済む
  2. 高額療養費制度がある
  3. 傷病手当金がもらえる(会社員のみ)

 

社会保険(被用者保険・職域保険)または国民健康保険(地域保険)に加入していれば、医療費は3割負担で済みます。

 

もしも明日、あなたが心筋梗塞で入院しても、かかる医療費は50万円〜60万円ほどの実質負担で済むはずです。

 

仮に月額5千円の医療保険に入った場合、10年で60万円の保険料。

 

10年に1度、大きな病気で医療保険を使ったとしても、プラスマイナスゼロ・もしくはマイナス収支になる可能性は低くありません。

 

さらに、健康保険には「高額療養費制度」があります。

 

高額療養費制度とは、健康保険の被保険者であれば誰でも利用できる制度です。

 

一定額を超える高額な医療費がかかった時に、差額分の払い戻しが受けられます。

 

例えば一般的な中流層の家庭であれば、1ヶ月間におよそ8万円を超える医療費については返金されるんです。

 

このため、多額な治療費がかかること自体が少なく、民間の医療保険に加入するメリットは低いと言えます。

 

また、会社員であれば「傷病手当金」という制度も利用できます。

 

傷病手当金とは、もしあなたが病気やケガで長期入院(もしくは自宅療養)しても、給料の3分の2までを支給してくれる制度です。

 

傷病手当金の対象は「連続4日以上の休職」が条件で、会社を休んで給料が支払われなかった期間も最長で「1年6ヶ月」に渡り、手当金が支給されます。

 

会社員であれば、療養期間中の生活費については特別な心配をする必要がなく、医療保険で生活費を保障してもらう必要性は低くなります。

 

ただし、傷病手当金は健康保険に加入する「会社員だけに適用」される制度です。

 

国民健康保険に加入している自営業者・個人事業主・その他フリーランスの人には傷病手当金が支給されないため、貯蓄が少ない方は医療保険を検討する必要があります。

 

医療保険の加入をおすすめする人、おすすめしない人

一般的に、医療保険への加入をおすすめする人、しない人の特徴をまとめておきます。

 

医療保険の加入をおすすめしない人(不要な人)

 

  • 独身者で300万円以上の預貯金がある人(医療費として150万円以上)
  • 2〜4人家族で500万円以上の預貯金がある人(医療費として300万円以上)
  • 十分な貯蓄がある会社員の人
  • 現在の勤め先で十分な福利厚生の保障が受けられる人

 

<医療保険の加入をおすすめする人(必要な人)>

  • 医療費としてすぐに使える「現金の貯蓄」が少ない人
  • 遺伝などで「将来的な病気」に不安を感じている人
  • 「生活習慣病」の不安を感じている人
  • 「自営業者・フリーランス・個人事業主」など給与所得のない人
  • 入院時の「生活費」に不安を感じている人
  • 「小さな子供」のいるご家庭
  • 健康保険に「未加入」の人

 

さて、あなたはどちらに当てはまるでしょうか?

 

何度も言いますが、「明日もし病気やケガで100万や200万必要になっても、お金の心配はない!」お金の不安はない!と自信をもってキッパリ言えるだけの十分な貯蓄があれば、医療保険に入るメリットは実際ほとんどありません。

 

とはいえ、もし医療保険に入らず大病を患ってしまうと、せっかく貯めたお金が一気に消えてしまいます。

 

また、ご家族が一人病気になると、看病疲れで病人がさらに増えてしまう、といったリスクにも備えておく必要があります。

 

「高い保険料を払うのは嫌だけど、いざという時に貯金を減らしたくない…」そんな方には、保険料の一番安い「掛け捨ての医療保険」に入っておく方法もおすすめです。

 

また、現在の「貯金額」に不安を感じていたり「小さなお子さん」がいるご家庭、また「将来的な病気」に強い不安のある方なら、医療保険を検討してみる価値はありそうです。

 

少子化問題により、今後は社会保険制度もどうなるか分かりません。

 

今までは3割負担で済んだ医療費が、さらに引き上げられる可能性もあります。

 

日本の将来に対する不安を考えると、今のうちに自分たちで万全の対策を整えることも、重要なのかもしれません。

 

さて、ここからは医療保険を検討したい方に向けて、お話を進めて行きます。

 

医療保険のことを知るには、どんな種類の医療保険があるのかを知っておく必要があります。

 

医療保険の種類と特徴は?

医療保険には様々な種類があり、主に「保険期間」「保障内容」の2つで分別できます。

 

<医療保険の種類:保険期間別 2種の特徴>

 

定期型医療保険の特徴

定期型の医療保険とは、一定の契約期間ごとに満期を迎え、更新していくタイプの医療保険です。

 

一般的に年齢が若いほど保険料が安く、更新のたびに保険料は上がります。

 

終身型医療保険の特徴

終身型の医療保険とは、初回契約時の「保険料」と「保障内容」が一生涯続く医療保険です。

 

契約内容を変更しなければ、保険料の値上がりを心配する必要がありません。

 

また、保険料の払い込みが一定の年齢で終わる「短期払い」と、生涯払い続ける「終身払い」の2タイプあり、終身払いの方が毎月の保険料は安くなります。

 

契約時の年齢が若い場合、終身型よりも定期型の方が、毎月の保険料は安くなります。

 

「定期型医療保険と終身型医療保険の違い」
◎年齢が若い時の保険料:定期型(安い)<<<終身型(高い)

 

◎毎月の保険料支払金額:終身型(一定)<<<定期型(上がる)

 

<医療保険の種類:保障内容別 2種の特徴>

女性向け医療保険

女性向け医療保険とは、名前のとおり女性に向けた医療保険で、女性特有の病気に対する保険になります。

 

主に子宮筋腫、鉄欠乏性貧血、妊娠高血圧症候群、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどを対象に、通常より手厚い給付金が保障されます。

 

また、妊娠・出産時の保障もあり、帝王切開や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)なども保障の対象となります。

 

ただし妊娠中の場合は加入できなかったり、条件が付くこともあるため事前に確認が必要です。

 

貯蓄型医療保険

貯蓄型医療保険とは、掛け捨ての保険と違い、支払った保険料の一部あるいは全額が戻ってくるタイプの医療保険です。

 

5年〜10年単位で未入院の場合にお祝金として10万円程度が支払われる保険商品もあれば、一定期間の保険料支払いにより全額が返還される保険商品もあります。

 

ただし途中解約すると返金を受けられなかったり、毎月の保険料が高いのがデメリットです。

 

引受基準緩和型医療保険(限定告知型)

引受基準緩和型医療保険とは、過去に大病をしていた方・持病や健康不安のある方に向け、加入基準の緩和された医療保険です。

 

加入できる条件がゆるいため、入りやすい代わりに毎月の保険料は高くなります。

 

このため、一般的な医療保険に加入できなかった人向けの保険商品と言えます。

 

無選択型医療保険

無選択型医療保険とは、加入審査が不要の医療保険です。

 

引受緩和型医療保険に入れなかった方が、最終的に選択する保険商品と言えます。

 

誰でも加入できるため、当然保険料は高くなり、保障される内容にも制限がつきます。

 

このような医療保険の種類から比較し、まずは自分が加入すべき(できる)保険種類から、いくつか保険商品を探します。

 

その中から「保険料の比較」「保障内容の比較」をしつつ、自分に合った最適な医療保険のプランを探していくのが、保険選びのコツになります。

 

とはいえ、医療保険の種類だけでも数が多く、どれが最適なのかを考えるだけでも時間がかかってしまいます。

 

さらに保険商品は山ほどあり、一つ一つ比較するなんて、途方もない作業です。

 

保険料の比較だけならまだしも、複雑な保障内容を隅から隅まで調べるのに、いったいどれだけの時間と手間がかかるでしょう?そこで多くの人が注目するのは、医療保険のランキングサイトです。

 

おすすめの医療保険がランキング形式で紹介され、いかにも上位の保険商品に人気があるかのような錯覚を起こしてしまいますが、実はこれ、大変危険な選択でもあるのをご存知でしょうか?

 

医療保険のランキングサイトは危険?!

保険会社各社の医療保険をランキングで紹介する、医療保険のランキングサイト。

 

最近はファイナンシャルプランナー(FP)が選ぶランキングサイトなどもあるようです。

 

しかし、実際のところどうなんでしょう?本当に、ランキングサイトで人気の医療保険を選べば、失敗しないと言えるでしょうか?答えは「ノー」です。

 

その理由はとても簡単。

 

なぜなら「人気の保険商品が、自分に最適かどうかは別問題」だからです。

 

多くの場合、ランキングサイトで紹介される医療保険は、大手保険会社の商品であったり、ランキングサイトの運営者に「多額の紹介料」が支払われる保険商品だったりします。

 

つまり、保険内容の良い悪いに関わらず、紹介料を目当てにした「保険商品の紹介サイト」であることも少なくないのです。

 

ですから当サイトでは、敢えて特定の保険商品は紹介しません。

 

また、ランキング上位の医療保険は「安い保険料」を売りにしているものも少なくありません。

 

もちろん保険料の安さは私たちにとって最大の魅力ですが、それ以上に大切なのは「保険料と保障内容のバランス」なんです。

 

現在の収入や家族構成・年齢・健康面・将来設計などをもとに、自分に最適な保険料と保障内容のバランスを保った保険を見つけること。

 

これが何より大切で、医療保険で失敗しないための、たった一つの方法です。

 

しかしながら、理想の保険プランを見つけることは本当に難しい作業。

 

豊富な知識がない素人には、そもそも無理な話なのです。

 

ですから、多くの方は周囲の声や付き合いに流されて、あまり自分で調べることもせずに保険を選んでしまいがちです。

 

そして気付かないうちに大きな損をしていることも少なくありません。

 

これが「日本人は保険貧乏」と言われる理由です。

 

日本人が1世帯あたりに生涯支払う保険料の総額がいくらか、ご存知でしょうか?保険料の総支払額は、なんと1千万円にもなるんです。

 

「人生で1番の買物は家。2番目は保険。」もし保障内容を変えずに保険料を3割安くできたら、300万円もの差が出てしまいます。

 

新車が1台買える金額ですよ。それだけ大きな買物になる保険料、できれば節約したいものですよね。

 

そこでオススメしたいのが「お金をかけずに理想の医療保険を見つける方法」です。

 

お金をかけずに「理想の医療保険」を見つける方法とは?

医療保険は選ぶのが難しい…知人の紹介や、家族付き合いのある保険屋さんの勧めで、多くの人が安易に保険を選んでしまいます。

 

でも、それって本当に正しい選択でしょうか?知人や家族は、恐らく保険のプロでは無いでしょうし、保険のセールスレディは自分の会社の保険しかオススメしません。
これでは、本当に良い保険が見つかるのは「運」だけが頼りになってしまいます。

 

そんな中、保険の専門家が、客観的な立場で、自分に合った「最適な保険」を探してくれる「無料サービス」があるのをご存知ですか?

 

ファイナンシャルプランナーの資格を持った「保険と金融の専門家」が、保険の診断・提案・契約、そしてアフターフォローまで、全部まるごと無料で面倒見てくれるサービスがあるのです。

 

まずは、じっくりと内容を読んでみてください。

 

きっと、あなたにとって最適な答えが見つかるはずです。

 

 

保険のプロが医療保険選びの「落とし穴」を伝授!

 

私も以前、保険のビュッフェを通じて優秀なファイナンシャルプランナーに出会いました。

 

保険の見直しでムダな特約をはずし、最適な保険会社に切り替えることで保険料を大幅に節約できました。

 

それだけでなく、生活費の節約術までアドバイスしてくれ、保険料減額と合わせて毎月2万円以上の余裕ができたんです。

 

浮いた2万円を、そのまま子供の学資保険に充てることで、生活水準を維持したまま、将来の教育資金を貯めることができました。

 

それまでは、お金の心配ばかりでストレスが溜まり、夫婦間でギクシャクすることもありました。

 

子供が産まれて、こんなにお金がかかるとは思ってなかったんです。

 

ファイナンシャルプランナーにお世話になってから、そんな悩みからも少し解放されました。

 

素人の私がどれだけ時間をかけて考えても、実績と経験のあるプロには勝てません。

 

保険選びを少しでも「面倒だ」と思うなら、ムダな時間を費やす前に、保険のプロに相談するのが一番と悟ったんです。

 

お金をかけずに理想の保険が見つかるだけでなく、手間をかけずに理想の保険を見つける、たった一つの方法は、「無料のファイナンシャルプランナーに、一刻も早く相談する」、これしかありません。

 

保険のビュッフェは、創業10年以上になる「保険のビュッフェ株式会社」が運営する、ファイナンシャルプランナーの無料仲介サービスです。

 

保険のビュッフェに登録されているファイナンシャルプランナーの相談実績は、以下のとおり。

 

<登録ファイナンシャルプランナーの経験と実績>

◎平均相談実績:1,253件
◎平均相談年数:8年以上

 

全国どこからでも、実績のある優秀なファイナンシャルプランナーが無料で駆けつけてくれます。もちろん出張費なんて不要です。

 

ファイナンシャルプランナーは保険会社の社員ではないため、中立な立場で保険プランをアドバイスしてくれます。

 

相談料は一切かからず、しつこい勧誘もないので安心です。

 

正直なところ、ファイナンシャルプランナーも人間ですから、優秀な人もいれば、決してそうでない人もいます。

 

そういう意味でも、実績や評判の高いファイナンシャルプランナーだけが登録している「保険のビュッフェ」がおすすめです。

 

保険料を3割引きに!実際の提案事例を見てみる

 

もうひとつのお薦めファイナンシャルプランナー無料仲介サービス

もし「保険のビュッフェ」の公式ページを見て、あまり気乗りがしなかった場合は、保険ゲートもおすすめです。

 

保険ゲートとは?

 

保険ゲートは「保険のコンシェルジュ」という無料相談窓口を運営しています。

 

全国から選び抜かれた優秀な150人のファイナンシャルプランナーが登録している、無料の相談サービスです。

 

保険ゲートは「株式会社ディノス・セシール」が運営しているサービスですから、こちらも信頼性や実績・評判も問題なしです。

 

有名なカタログ通販のディノスが運営し、プライバシーマークも取得済みなので、個人情報保護についても信頼性の高いサイトです。

 

保険の見直しで口コミの評判も良く、安心して使える仲介サービスです。

 

ファイナンシャルプランナーは敷居が高い?

ひょっとしたら、ファイナンシャルプランナーに相談なんて、ちょっと敷居が高いと思うかもしれませんが、そんな心配は無用です。

 

最近はネットを通じてプロに保険の相談をするのが常識になりつつあります。

 

特に20代〜30代で将来に不安を抱えている若者に大人気で、ファイナンシャルプランナーは全国から引っ張りだこの状態。

 

インターネット世代の若い皆さんは、ムダな時間や手間に敏感。

 

分からないことは詳しいプロに聞くのが一番の近道だと、小さい頃から理解しているのかもしれませんね。

 

私も、今まで3人のファイナンシャルプランナーに相談した経験があります。

 

皆さん人間的にも素敵な方ばかりでした。一度会ってみれば、あなたもすぐに分かるはずです。

 

皆さん優秀なのは基本性能ですから、最終的には「相性」が大切です。

 

ファイナンシャルプランナーに保険相談するのが初めてなら、保険のビュッフェや保険ゲートを通じて、数人のファイナンシャルプランナーに会ってみることをオススメします。
良いファイナンシャルプランナーとは、恐らく長い付き合いになります。

 

結婚・離婚・出産・学費・マイホーム購入・定年退職・老後まで、人生のイベントごとに、保険の見直しから資金計画まで、いつでも相談に乗ってくれる心強い味方です。

 

ですから、あなたの人生をバックアップする「軍師」として、信頼できて、良好な関係が築けるファイナンシャルプランナーを選んでみてください。

 

医療保険に入るか入らないかは、ファイナンシャルプランナーとじっくり相談してから決めてください。

 

最終的に医療保険が必要ないと分かれば、それだけでも安心です。

 

契約を強制されるなんてトラブルはあり得ません。保険の契約が成立しなくても、お金を要求されたり、不機嫌になるようなファイナンシャルプランナーはいません。

 

保険のこと、生活費のこと、将来設計のこと、子育てのこと…いま一番、プロに聞いてみたいことは何でしょう?ちょっとだけ勇気を出して相談したら、きっと新しい世界が広がるはずですよ♪

 

おすすめ2社の会社概要はこちら

保険のビュッフェ株式会社の企業概要

【会社名】保険のビュッフェ株式会社

 

【社名の由来】
保険のビュッフェという社名には「“ビュッフェ”形式のように、お客さま一人ひとりの状況やこだわりに合わせて、ナットクいく保険を選ぶ手段として役立ちたい」そんな想いが込められています。

 

【設立】平成25年3月(創業/平成17年1月)

 

【所在地】〒160-0022 東京都新宿区新宿4?1?6 JR新宿ミライナタワー11階

 

保険ゲート「ディノス・セシール」の企業概要

【会社名】株式会社ディノス・セシール(英文名:Dinos Cecile Co., Ltd.)

 

【所在地】〒164-0012東京都中野区本町2丁目46番2号 中野坂上セントラルビル

【女性必見!】女性に優しい保険選びとは。

 

女性にとって医療保険を重要視する方は多いのではないでしょうか。

 

なぜ重要視するかは人それぞれだとは思いますが、ポイントは2つあると思います。

 

1つ目は男性にはない女性特有の病気というものがあるということです

妊娠に関する病気や、子宮、卵巣に関する病気は男性は患いません。

 

そのため、女性は病気になるリスクが男性よりも多いと言えます。

 

2つ目は女性特有の病気は、比較的若い年齢の時のリスクが高いということです

 

女性は20代〜40代に女性疾病になる確率が高くなるため、(もちろん50代以降も女性疾病になることもあります。)若いうちから保険に加入しようという方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、若いうちに(病気をしていないうちに)医療保険に加入した方が保険料が安くなるということも女性が興味を持つ点だと思います。

 

女性に優しい保険とはどのような保険でしょうか。

 

医療保険は入院・手術というのが基本保障になっているものがほとんどですが、女性特有の病気をカバーしてくれるものとして代表的な物が女性疾病特約です。

 

通常の医療保険は病気やケガで入院した場合、一日○○○○円(例えば5000円や一万円)もらえるというものが一般的ですが、女性疾病特約を付加した場合、女性疾病で入院した場合は入院日額を上乗せしてもらえるというものです。

 

例えば入院5000円、女性疾病特約5000円の保険に入っていて、女性疾病で入院した場合、一日1万円がもらえるということです。

 

では女性疾病とはどのような病気なのでしょうか?

 

実は、女性疾病は保険会社によってその病気の幅が違います。

 

代表例をあげると、女性に多い病気の一つである甲状腺疾患、リウマチ性の疾患、卵巣機能障害等を保障してくれる会社と保障してくれない会社があるということです。

 

女性疾病特約を付加して各社で比較した結果、保険料が安い会社を選びがちですが、何を保障してくれるのかをしっかりと調べてから加入することをお勧めします。
また、乳房再建術を行った場合に、一時金として入院日額の200倍がもらえるという会社もあります。

 

(日額5000円の場合は100万円、両胸なら200万円)さらに三大疾病で入院した場合も女性疾病と同様に上乗せして保険料が支払われる会社もあります。

 

例えば、急性心筋梗塞で入院した場合が当てはまります。

 

このように、女性疾病といっても保険会社によって様々ですので内容を吟味することは言うまでもありませんが、保険料の安さだけで、飛びつかないようにだけはしていただきたいものです。

 

最後になりますが、女性疾病特約はほとんどの会社が全てのガンに対応していますので、男性でもなりうる胃がんや肺がんでも上乗せされるということを考えると女性疾病特約を付加することはメリットも多いと思います。

このページの先頭へ