MENU

保険の加入は心配と不安

私は、29歳独身の会社員です。現在、医療保険はがん保険のみ加入しています。

 

この保険に加入したきっかけは会社で割引のきいた保険を紹介され、紹介されるがまま加入しました。

 

加入にあたり、いろいろな説明を聞いたり、パンフレットを読んだりしましたが、大きな病気にかかったこともなく健康診断では問題ないといわれているので実感がわきませんでした。

 

また、加入にあたり、このコースではこれがダメ、あれがないなど言われ正直なところなにがオーソドックスで何が自分にとって一番いいのかわからず仕舞いでした。

 

周りの友達にも保険の加入状況をききましたが、「まだ加入していない」「加入したほうがいいのかな」など未加入の子がほとんどで、加入している子も「正直なところ、いわれるがまま加入してしまった」と言っていました。

 

現在もまだ加入してそのままの契約状況を維持しています。これから、年齢を重ねるにつれ大きな病気にかかる確率がどんどん増していくのだろうと思います。

 

また、同じような年代でもとても大きな病気にかかり、想像をしえない大変な治療に当たっていることと思います。

 

実際にどのくらいの金額が必要になるんだろう、どの程度保険でカバーしているのだろう、どの程度自分の生活への影響があるのだろう・・・たくさんの疑問や不安がありますが、どのようにその疑問や不安を解消すればいいのかわかりません。

 

現在加入している保険会社の窓口に相談すればいいのだろうとも思いますが、相談しに行って逆に他の商品の契約をしてしまったらどうしようと不安もあります。

 

保険は病気になってしまってから後悔するのが一番嫌です。

 

病気で自分の人生がさまざまな方面からダメになってしまうのももっと嫌です。

 

病気もがんだけが病気ではないので他の病気への保険も必要になるし・・・誰に保険について相談してどのように保険商品を選び、正しい契約が出来るのかまだまだ深刻ではありませんが最近の気になることでもあります。

関連ページ

忘れた頃に役に立つ医療保険
医療保険は高校卒業後、一人暮らしを始める際に母親から「何でもいいから保険には入っていた方がいい」と言われて加入しました。たくさんの保険料を払うのは大変だったため、女性特有の病気メインの安い医療保険にし、何となく毎月保険料を支払っていました。
お金の心配があるからこそ加入をする保険
健康保険では対応をすることができない、先進医療もあります。先進医療には莫大なお金がかかるので、医療保険に加入をして先進医療特約を付帯させておくとよいでしょう。お金がないから先進医療を受けることが出来ない、ということにならないように、医療保険には加入をしておいたほうがよいです。
このページの先頭へ