MENU

がんは誰にでもなりうる病気です。現在女性有名人の方が乳がんを患い、懸命に病気と闘っています。がんという病気と闘うにも、体力、気力、お金が必要になります。いつかは自分もがんになるかも知れないと思い、治療のためにがん保険に入っている方もいると思います。がん保険と言っても多くの保険会社が取り扱っており、どのように選んで良いのか迷います。ひと昔前のがん保険は、がんと診断されたら初回のみいくらか保険金が支払...

5人に一人はがんになるという時代です。自分はがん保険には加入してはいないのですが、医療保障にがん特約を付帯しています。生保レディさんから先進医療特約という特約ができたので付帯したほうがいいと薦められました。その時、生保レディさんからは先進医療とはがんなどの高額な治療だと言われました。がん治療というのは高額になるというは知っています。自分は両親をともにがんで亡くしているため、自分の将来のことも心配で...

そううつ病患者は、がん保険に入れません。理由は、分かりません。ただ、断られました。自分なりの分析で、何点か、そううつ病患者が、がん保険に入れない理由が思い当たります。そううつ病患者は、がんに、なりやすいからだと、思います。そうしますと、保険会社の、かなりの負担になります。何故、がんになりやすいのか、お話します。まず、人間に限らず、動物全てに言える事ですが、ストレスで寿命が決まるそうです。そううつ病...

がん保険は当初はアメリカンファミリーで取り扱ってましたが、今や他の保険会社でも扱う一般的なものとなりました。しかしながら、保険の資料に目を通していくと、がんでも種類があり、適用されて支払われるものと支払われないものがあります。例を挙げると上皮内新生物という、がん細胞が上皮まで(上皮の内側で粘膜外に出ていない状態)に留まっているものについては、支払いの対象外となるものもあります。大概は、悪性新生物と...

このページの先頭へ