MENU

自分に合ったがん保険を見つけましょう

がんは誰にでもなりうる病気です。現在女性有名人の方が乳がんを患い、懸命に病気と闘っています。

 

がんという病気と闘うにも、体力、気力、お金が必要になります。

 

いつかは自分もがんになるかも知れないと思い、治療のためにがん保険に入っている方もいると思います。

 

がん保険と言っても多くの保険会社が取り扱っており、どのように選んで良いのか迷います。

 

ひと昔前のがん保険は、がんと診断されたら初回のみいくらか保険金が支払われ、入院が長引くことが前提で入院日数1日につきいくらかの保険金が支払われるタイプでした。

 

現在はがんと診断されても入院日数が短くしかも通院での治療に変わって来ています。

 

それに伴い、がん保険も通院での治療でも保険金が支払われるタイプが増えてきました。

 

治療するにも保険が効くものと、自由診療と言って全額自己負担になるものがあります。

 

自由診療の例として、陽子線治療が有りますがおよそ300万円ほど掛かります。

 

がん保険に入っているとしても最初にお金を払っておかなければなりませんので、すごく効果があるとしてもごく一般の家庭では支払いは難しいです。

 

もちろん加入している保険会社により支払いの条件は異なりますので、実際に治療する場合は問い合わせて見ることをお勧めします。

 

がんを治療するとしても保険証を病院窓口に提示すれば、保険が効く治療であればおよそ3割の負担になります。

 

もし治療費が高額になったとしても高額療養費という国の制度が有りますので、月に10万円ほど準備すれば良いほどの金額になると思います。

 

かなり心強い制度が有りますが、まだ不安がある方にはがん保険をお勧めします。

 

がん保険は普通の医療保険の中でも、がんに特化しているため比較的保険料が安いです。

 

がんは早期発見、早期治療を行えば治る病気です。がんにならないように予防することはもちろん、早期発見出来るように健診は必ず行きましょう。

関連ページ

今必要なガン保障とは何か
5人に一人はがんになるという時代です。自分はがん保険には加入してはいないのですが、医療保障にがん特約を付帯しています。生保レディさんから先進医療特約という特約ができたので付帯したほうがいいと薦められました。
そううつ病患者は、がん保険に入れない
そううつ病患者は、がん保険に入れません。理由は、分かりません。ただ、断られました。自分なりの分析で、何点か、そううつ病患者が、がん保険に入れない理由が思い当たります。そううつ病患者は、がんに、なりやすいからだと、思います。そうしますと、保険会社の、かなりの負担になります。
がん保険と言っても種類があります
保険の資料に目を通していくと、がんでも種類があり、適用されて支払われるものと支払われないものがあります。例を挙げると上皮内新生物という、がん細胞が上皮まで(上皮の内側で粘膜外に出ていない状態)に留まっているものについては、支払いの対象外となるものもあります。
このページの先頭へ