MENU

今必要なガン保障とは何か

5人に一人はがんになるという時代です。自分はがん保険には加入してはいないのですが、医療保障にがん特約を付帯しています。

 

生保レディさんから先進医療特約という特約ができたので付帯したほうがいいと薦められました。

 

その時、生保レディさんからは先進医療とはがんなどの高額な治療だと言われました。

 

がん治療というのは高額になるというは知っています。

 

自分は両親をともにがんで亡くしているため、自分の将来のことも心配です。

 

そのため、万が一の時にと思って付帯しました。自分は先進医療とはがん治療のことだと思っていたのです。

 

先進医療についてきちんと理解している人ってどれだけいるのでしょうか?
先進医療は厚生労働省が指定する施設で、厚生労働省が先進医療と指定している治療のことを言うとのことです。

 

先進医療の対象の治療を受ける人というのはごくわずかなのです。

 

ただ、掛け金はそんなに高いわけではないので一応付帯はしています。本当に万が一の備えですね。

 

また、最近のがん治療は入院なしで抗がん剤治療だけとか、放射能治療のため短期間の入院と昔と比べると治療方法が変わっています。

 

何十年も前に入った医療保障が今の治療に合わなくなっているのです。

 

いろいろな保障をつけて高額な掛金にすると支払いが負担になってしまいます。

 

シンプルな保障で万が一の時に役立つものにする必要があると思います。一番大事なのはがんと診断された時の診断保険金です。

 

生涯一度切りというものが多いのですが、がんは再発する可能性もあります。

 

限度なくというのは難しいかもしれませんが、部位が違う場合は受け取れるなどといった保障があればいいなと思います。

 

保険は難しいというイメージがあり、自分も生保レディーに薦められたままにしています。少し見直しが必要なのかなあと考えています。

関連ページ

自分に合ったがん保険を見つけましょう
がん保険は普通の医療保険の中でも、がんに特化しているため比較的保険料が安いです。がんは早期発見、早期治療を行えば治る病気です。がんにならないように予防することはもちろん、早期発見出来るように健診は必ず行きましょう。
そううつ病患者は、がん保険に入れない
そううつ病患者は、がん保険に入れません。理由は、分かりません。ただ、断られました。自分なりの分析で、何点か、そううつ病患者が、がん保険に入れない理由が思い当たります。そううつ病患者は、がんに、なりやすいからだと、思います。そうしますと、保険会社の、かなりの負担になります。
がん保険と言っても種類があります
保険の資料に目を通していくと、がんでも種類があり、適用されて支払われるものと支払われないものがあります。例を挙げると上皮内新生物という、がん細胞が上皮まで(上皮の内側で粘膜外に出ていない状態)に留まっているものについては、支払いの対象外となるものもあります。
このページの先頭へ